Xperia XZ Premium / XZsでのスローモーション撮影の方法と、実際に撮影してみた

1080pの再生すら苦しい状況。 1分間なのに、6分近くの動画となりました。

Next

iphoneでお手軽!撮影した動画を早送り・スロー 再生して保存する方法

ただしジンバルは大型になることが多いので、人混みの中で使うには要注意。

iPhoneスローモーションがすごい!ゴルフのスィングチェックに

動きの早い「スポーツ」 まず、スポーツは外せません。 一番気になるのが、動画撮影前後のスローになっていない部分。

Next

iPhoneでスローモーション動画を撮影する方法

iPhoneには標準でカメラ自体が搭載されており、カメラアプリも初めから入っています。

Next

iPhoneのスローモーション機能を使わないと勿体ない3つの理由

ビデオを編集して、スローモーションの動作が始まり、終わるタイミングを自分で決めることもできます。 「雰囲気がある」• スポーツのインパクトの瞬間や、重要な場面を強調したい時に使えるのがスローモーションです。

Next

iPhoneで途中からスローモーションにする方法

もくじ• fpsとは簡単に説明すると、1秒間に記録する画像の枚数の事です。 写真用の雲台でパンしてもいいのですがそれでも限界があります。

Next

iPhoneで撮ったスローモーションを転送する

スローになっていない箇所の修正手順も解説 iPhone標準アプリ「カメラ」には、様々な機能が備わっている まずiPhone標準で付属しているアプリ「カメラ」に関して確認しておきましょう。 つまり引き伸ばした状態でも秒間30コマとなり一般的な30fpsの動画と同等として扱えます。 スロー撮影時のそれぞれのスピード・時間と、データ量を比較検証 さて、では実際に10秒、1分、3分で撮影したスロー動画データをパソコンへ転送して、詳しく調査してみました。

Next

iPhoneのスローモーション動画を使いこなそう!

タイムラインの上に細かい点線が表示されています。

Next