映画『IDOL

今回の合宿はオーディション候補者と同様、脱落=脱退。 合宿よりずっと前に解散話は出ていたわけなので、 なぜそこから追っていなかったのか? 解散後、テロップで「契約解除」と記載された人たちはなぜ契約解除に至ったのか? その後は? 解除されなかった人たちはどういう経緯で今も活動に至ったのか? ある種この映画の主人公ムロパナコは契約解除まで時間がかかりました。

Next

『あゝ無情』は一番“面白い”ドキュメンタリー映画に 第2期BiS解散を通して見えたWACKの精神性|Real Sound|リアルサウンド 映画部

代金のお支払いからお届けまでを事務局がサポートし、チケット詐欺にあう可能性はありません。 監督は『世界でいちばん悲しいオーディション』の岩淵弘樹。

映画 IDOL

——ヤママチさんは、そもそもなんで合宿へ行くことになったんですか? ヤママチミキ(以下、ヤママチ):な……なんででしょうか(笑)。

Next

BiS (新生アイドル研究会)/IDOL

場所は2回目の開催地となる九州の離島、壱岐島。 ——人としての感情を捨てる部分もあるでしょうか? 岩淵:うーん……撮影上、言葉を引き出すために見せなきゃいけない感情というのあると思うんですけど。 ——岩淵さんはそういう映像をフラットに見られますか? 岩淵:はい。

Next

壮絶なドキュメンタリー『IDOL

奔流に誰もが抗えないかのように。

アイドルを目指す人と辞める人、WACKオーデ追う映画『IDOL

オーディションにはWACK所属の現役メンバーからも、「BiSH」のアユニ・D、「GANG PARADE」のヤママチミキ、「EMPiRE」のMAYU EMPiRE、「BiS」のYUiNA EMPiRE、そして「WAgg」のメンバー(愛をのぞく)が参加した。 グループの、仲間の、個人の、対照的な光と影を「世界でいちばん悲しいオーディション」の岩淵弘樹監督が密着し続けた500時間以上に及ぶ映像から紡ぎだされた圧巻の85分。 渡辺:なんとなく。

Next

壮絶なドキュメンタリー『IDOL

撮影陣には青柳拓、浅井一仁、今井未来、今田哲史、岩淵弘樹、エリザベス宮地、小峰克彦、白鳥勇輝、中村桃子、丹羽貴幸、バクシーシ山下、八木咲、柳田裕之、山崎夏樹が名を連ねている。 あまりにも過酷な内容すぎて、途中「特殊部隊でも養成してるのだろうか……」と錯覚するほどでした。 そしてこの時のBiSメンバーに後者の気持ちは足りて無かったように感じたし、大人は後者をこそ求めていたように感じた。

壮絶なドキュメンタリー『IDOL

なにせ自分の人生がかかった一大勝負なのですから。 映画『IDOL -あゝ無情-』作品より そもそも、なぜ彼女たちはここまで過酷な試練を受けるのでしょうか? それは、このWACKで活動するアイドルたちに強く憧れていたから。

Next