たった一人の私の味方

真の家族になることの難しさや、家族というものの素晴らしさが描かれた作品! スポンサーリンク たった一人の私の味方 感想・評価 これまでに信じてきたものが突如として崩れてしまったヒロインは、苦難と逆境を乗り越えてやがて希望を見いだしていきます。

Next

たった一人の私の味方|キャスト・あらすじ・視聴率・最終回感想は?

男性陣がみんなきちんとした考え方の、常識人として描かれていると思いました。 そして運転手として働いていたヨンフンとばったり出会ってしまい・・・。 その場に駆け付けたデリュクは、その青年がテプンであることに気付き、二人は無言で顔を合わせるのだった…。

たった一人の私の味方 第105,106話(最終回)あらすじ

デリュクと幸せそうなドランの姿を満足そうに見るスイル。 ~」など 脚本:キム・サギョン 「千万回愛してます」 「憎くても可愛くても」 「吹けよ、ミプン」など 【カン・スイル キム・ヨンフン 役】チェ・スジョン 元服役囚。

Next

「たった一人の私の味方」見終わりました。

ドランには会わせてもらえず、二人の復縁を頼み込むもスイルは首を縦に振ら ない。 そのころ帰宅したスイルは放心状態であった。 ウニョンはデリュクがもうすぐ飛行機で飛び立ってしまうと告げる。

Next

テレビ東京「たった一人の私の味方」第61

スイルに断れて帰宅したウニョンは涙していたが、スイルもまたウニョンの言葉を思い出していた。 その後、ドランはイリュクの店にやって来るが、そこでダヤがある女性を連れ出す姿を見て…。

Next

テレビ東京「たった一人の私の味方」第61

その際、娘のドラン(ユイ)は孤児院に預けるつもりだったのですが、ヨンフンと共に孤児院で育ったドンチョル(イドゥイル)がドランを本当の娘のように育ててくれていたのです。 ホンジュはドランのためにスイルを説得しようとする。 韓国ドラマ「たった一人の私の味方」あらすじ 104話 その夜、デリュクはドランの元へやって来る。

Next