「海辺のリア」

本作は、小林政広が仲代達矢の為に脚本を書き、仲代達矢に最高の芝居をさせ、仲代達矢という役者を見る為の作品。 そんな伸子に、シェイクスピア作の悲劇『リア王』に登場するリアの末娘・コーディーリアを重ねる兆吉。

Next

海辺のリア (2017) : Lear on the Shore

cordova. また『乱』はほとんど本人と見分けがつかないほどの濃いメイクだったのに対し、今回はスッピンで海辺に立ち、延々とリア王の長台詞を唱え続けていく姿からは、生身の役者・仲代達矢としての魅力が引き立つ結果にもなっています。 阿部寛さんがさらにブレイクすることになったきっかけは、やはりテレビ朝日ドラマ 『TRICK』(2000)でしょう。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。

Next

海辺のリア (2017) : Lear on the Shore

2000年以降も今回もタッグを組む小林政広監督の 『春との旅』や『日本の悲劇』で最高の演技を披露したり、最近でも八千草薫さんと共演した『ゆずり葉の頃』が印象的でしたね そんな仲代達矢さんが今回演じているのは、かつて映画スターだった男・桑畑兆吉。 そんな舞台俳優としての魅力を、この映画の中でいかんなく発揮させようとしたのではないだろうか。 一方、伸子はかつては兆吉たちと一緒に住んでいたが、彼女が私生児を生んだのをきっかけに、兆吉と由紀子は伸子を家から追い出してしまったのだ。

Next

カフェレストラン【プルメリア】西尾市吉良ワイキキビーチ

そのシーンが圧巻だ。

Next

海辺のリア (2017) : Lear on the Shore

しっかりと自分の中で、作品と過ごした時間が実感としてあるように思える。

海辺のリアのレビュー・感想・評価

只、この作品の家族の場合は、この作品の時間軸よりもずっと前の段階である程度の崩壊はしていたのだと思う。

海辺のリア

また、脇を固める4人の役者さんの演技も実に見応えがあり、後悔の念を胸に思い悩み、葛藤する様を抑揚の効いた演技で演じた阿部寛さん。 本作は、彼の最後の舞台などではない。 navigator. 仲代と黒木華との2人でのシーンの引きが特に印象的。

Next

海辺のリアのレビュー・感想・評価

この場面だけでも観る価値がある映画だと思う。 彼女自身、訳ありの過去もある。 。