婚姻費用分担請求調停の申立方法をわかりやすく解説|費用や流れなど|あなたの弁護士

先ほどの東京家裁の審判の事案については,他にも「婚姻費用」の計算方法として,参考になる点がありますので,この点は,また別の機会に書きたいと思います。 申立書等の記載に不備がある場合は修正を指示され、必要書類や費用が不足している場合は追加提出を求められます。 民法760条 夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する。

Next

生活費(婚姻費用)を過去にさかのぼって支払ってもらえるか

請求手続きに不安のある方は多いと思われますので、後悔しないために、一度事前に弁護士に相談してみてもよいでしょう。

Next

婚姻費用分担請求調停を離婚調停と同時に申立てるか?

弁護士の費用ですが、婚姻費用分担請求だけを依頼するケースは少なく、離婚や慰謝料請求、離婚に伴う親権、養育費なども依頼することになります。

Next

同居中でも婚姻費用は認められるのか

申立て後の流れ 申立てが受理されると、家庭裁判所は初回の審問期日を指定します。 民法第752条に規定された夫婦の扶助義務を履行する義務として、民法第760条に定められています。 関連記事では、公正証書について詳しく解説しています。

Next

婚姻費用分担の請求方法と調停の流れ 手続き後いつまでもらえるの?

婚姻費用は夫婦の扶養義務にもとづくものですが、特に 夫の暴力などの問題がなくても扶養義務はあるからです。

Next

婚姻費用の分担請求調停

さらに公正証書に「強制執行認諾条項」を入れておくと、不払いの際に給与差し押さえなどができます。 養育費との違いは? 離婚事案において、婚姻費用は似た概念である養育費と混同されがちです。

有責配偶者から婚姻費用を請求すること

しかし、別居中でも離婚していない期間は扶養義務がありますし、子どもの養育費を負担する義務もあります。

Next

婚姻費用分担請求|調停の流れと別居中の生活費を請求する方法|離婚弁護士相談リンク

また、手続きの期間としては、ケース・バイ・ケースですが、執筆者の個人的な経験としては、 半年間から長いと1年を超える場合もあります。 別居の事実• 調停を申し立てることもでき、審判を申し立てても職権で調停に付される場合もあります。 しかしながら、婚姻費用分担義務の始期は、同義務の生活保持義務としての性質と両当事者間の公平の観点から考えれば、権利者が義務者にその請求をした時点と解すべきである。

Next