「ケース・スタディ・ハウス・プログラム」に見られる理想住宅 : 建築家の言説と建築構成の比較を通して

ファブリック• イームズ・ハウスについての本を執筆することになり、そのための写真撮影の立ち会いを兼ねての訪問である。 それが、この家が『ケース・スタディ・ハウス』とよばれるゆえん。 最後にレイが亡くなった時のまま、時間が停止しているかのように眠り続けてきたイームズ・ハウスがその瞬間だけ、我々を包み込む「住宅」に戻ったのだ。

Next

ピエール・コーニッグ

ケーススタディの各コレクションはそのコンテンポラリーな魅力を空間にもたらし、背景にある物語を伝えます。

ピエール・コーニッグ

このプログラムでつくられた住空間やプロダクトは今日においてもモダニズムを代表する傑作として知られています。

Next

ケーススタディハウスとイームズハウスをちゃんと説明した話 2017/5/17

2 サムナー・スポルディング、ジョン・レックス設計、1947年(アーカダに改変を加えたものが建てられた。

「ケース・スタディ・ハウス・プログラム」に見られる理想住宅 : 建築家の言説と建築構成の比較を通して

<パーム・スプリングス> 戦火を逃れ、ウィーンから移住してきたリチャード・ノイトラとルドルフ・シンドラーは、1920〜30年代の若い建築家たちに強い影響を与えた。

イームズハウス

映画『ふたりのイームズ』より。 「慣れ」を疑似体験が生むということは、「ケーススタディ」だけではないでしょう。 こんな分離のさせ方、なかなかありません。

Next

自分を自然に開放する作法がミッドセンチュリー様式の神髄

全くアイデアが新しいと考えられるものでも、現在あるものを組み合わせたのみでしょう。 お部屋からすぐのところに川も流れているので散歩も楽しそう。