フランス料理 ESTERRE (エステール)|パレスホテル東京

特に、たんぱく質を少なく、野菜をより多く使うことで、自然と調和する健康に良い料理を心がけています。 前身の「クラウンが」64席、個室3室であり、キッチンエリアの面積も変わらないので、以前よりも席数は少なくなっており、ゲストが有するプライベート空間は広がっているといえるでしょう。

Next

エステール/パレスホテル東京

シェフ Martin PITARQUE PALOMAR 1992年生まれ。

エステール 【ミセスのレストラン情報】

【編集後記】 「エステール」とは、デュカス氏の生まれ育ったオクシタニー地方の言葉で「母なる大地」を意味するそうです。 日本の柑橘類は特に美味しいとのこと。 599• この情報は、掲載時のものです。

トランプ大統領も泊まったパレスホテル東京に新しいレストランがオープン 注目したい3つのこと(東龍)

デュカス氏の旗艦店のひとつであり、ミシュランガイド3つ星を獲得しているモナコの「ルイ・キャーンズ」では、ディナーで最も高いコースが360ユーロ、つまり、約43000円になっています。 贅沢なアフタヌーンティーが、冬の午後を華やかに彩ります。 103• 日本の伝統工芸品による設えが、フレンチをいただく空間を包み込みます。

Next

フランス料理 ESTERRE (エステール)|パレスホテル東京

。 ダイニングエリアに向かう途中の右手に個室があります。 ミシュランガイドの星をはじめ、数々の受賞歴に輝くフレンチファイン ダイニング「シグネチャー」では、料理長ルーク アームストロング による、「コンテンポラリーフレンチ」をお愉しみいただけます。

Next

パレスホテル 東京 レストラン「クラウン」を閉店し、アラン・デュカス氏をパートナーに新レストラン「Esterre(エステール)」に

「歴史に根ざしたパレスホテル東京とパートナーを組めて、素晴らしいコラボレーションになりそうだ。 現在、シグニチャーコースに使われているのは山口のさば、青森の本まぐろ、栃木の和牛、各地の柑橘類など。 扉を開くと、黒を基調とした廊下が現れ、スタイリッシュでモダンな雰囲気が漂います。

フランス料理の巨匠「アラン・デュカス」が新しいレストランをパレスホテル東京にオープン!

「エステール」も日本のテロワールを存分に生かすというコンセプトで、穀物や野菜、フルーツをふんだんに取り入れ、食材を余すことなく使い、素材本来の味を生かした減塩・低脂質・低糖なヘルシーで地球に優しいフランス料理が楽しめます。

フランス料理の巨匠「アラン・デュカス」が新しいレストランをパレスホテル東京にオープン!

大きく実った野菜が、大地の恵みを象徴しています。 ピッツァ職人、ピッツァイオーロがお客さまの 目の前の窯で焼き上げた、熱々のピッツァをご堪能いただけます。 お食事中の移動もスムーズです。