秋月のスピーカーユニットを使った工作(2): 自作派の備忘録

このユニットはリヤウインドウ用なのでツイーターは少し斜めに付いています。 接着はグルーガン、ユニットを斜めにしているのはユニットを斜めに貼り付けてるJBLのスピーカーってかっこいいよねと思ったからです。 Fostexのユニットが高音寄りで少し不満に思うひとには、この共鳴管は聴く価値はあると思います。

Next

ヴァリアスクラフトが波動スピーカー作ってみた!!

大型化して置き場所に困ってしまうかもしれませんが、スピーカーを上向きにした下図のような構成も考えられます. 壁掛け型なら成立可能性があるかもしれません. ただし、エンクロージャー背面と壁との間に隙間があると、その部分の吸音力が音質に影響を与える可能性はあります.. 何より、反りにくいのが良い。 自作スピーカーに必要な部品がほとんど揃う。

スピーカーの低音域サウンドのカギを握るのはダクトだった!

見かけによらずけっこう重い。

Next

塩ビパイプでバックロードホーンスピーカーを自作しました

スピーカーキットを組み立てる手順は多くの人がブログ等で解説しているので省略します。

Next

塩ビ管・継手の基礎知識

スピーカー・ユニットを専用エンクロージャーに入れた時の特性と比較すると、大まかな周波数特性の傾向は割と似ていますが、バウンダリー・スピーカーは200Hz〜300Hz付近が持ち上がっているのが特徴です. 低音が出過ぎるように感じられるのであれば、置き場所を机の手前側に移動させてださい.• 2007年3月~4月に掲載しました記事(一部改編)ですのでご了承ください。

塩ビパイプでスピーカーを自作しまくる人々

FE-127Eの標準エンクロージャー容量は10リットルだが、設計では少し大きめの16. その様子は。 オーディオ好きが高じて、「世界に一つだけ、自分だけのオリジナル」のスピーカーを自作してみようと思う人達は多いでしょう。

Next

共鳴管スピーカー

だいぶスピーカーらしくなってきた。

Next

塩ビパイプでバックロードホーンスピーカーを自作しました

低域 家が揺れるほどではないが、心臓に響く心地よい低音だ。 タイムドメインの理屈はタイムドメイン社に技術解説がありますのでそれをご覧下さい。 この穴は一番細い管を通ってきた音を二番目に細い管に通すための穴です。

Next