金石堂-太星電工 蓋安全彩色定時器 (陽光橙)

今年開店10周年を迎えた熊本・橙書店の店主であり、熊本発の文芸誌『アルテリ』責任編集者でもある田尻久子さんの初めてのエッセイ集『猫はしっぽでしゃべる』(ナナロク社)の刊行を記念して、トークショーを行います。 events. base. 2001年、大きなアーケード街脇のバラックの刺繍屋を借り受けた。

Next

本屋のかお――橙書店(福岡・熊本) 出版社スイッチ・パブリッシング オンラインストア

prototype. そこで過ごした十五年。 orangeを外から眺める。 許惠橙望了眼日曆,新的一個月開始了。

Next

橙書店|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

TileMapParameter;this. BoundsInfo a. そして、いくつもの出会いがあり、出来事があり。

Next

電視牆變童書收納區!北歐親子宅白天當綠色書店,晚上變家庭影廳-設計家 Searchome

sin e ,d-42697. tileSize switch this. とりとめのないおしゃべりの中に、おたがいの仕事の話や本の話題が自然に出て、客と店主の関係は、古くから知る友人同士のように、垣根のないものになっていく。

Next

小さな穴で繋がるカフェと本屋。橙書店の扉を開けると、ホントの出会いに胸が高鳴るよ

1980年代、この路地裏には元新聞記者で下着デザイナーの鴨居羊子のブランドを取り扱うランジェリーショップや、NYで修業したモード系のデザイナーのブティックがあった。 第五章 他的目光似乎是透過她在看誰。

練兵町の「橙書店」がサントリー地域文化賞を受賞

「15年続けた前の店を一旦閉める時は、自分はもちろんだけど、お客さんがすごく惜しんでくれました。

Next