ジュリアン・ラージ・トリオ @ COTTON CLUB ―― やばすぎるほどに凄い演奏の次には、彼の「隙」を感じてみたい

ペトラさんはSNSはFacebookメインみたいですけど、いっしょに写っているミュージシャンもみんな笑顔で楽しそうで、すごくオープンマインドで気さくな人なんだなぁってわかります。

Next

Julian Lage[ジュリアンレイジ]現代のジャズギタリスト紹介

で、考え方よりもステキなのがさり気なく弾くフレーズたち。 のアンプに、も入れたけどそれが何なのかは知識がないので分からず……。 それぞれの株は1回り大きな鉢か地面に植え付け、通常通り管理していきます。

Next

Julian Lage[ジュリアンレイジ]現代のジャズギタリスト紹介

しかしジュリアンの嗜好は普通のジャズギタリストとは少し違います。

Next

ジュリアン・ラージの超洗練フレージング

自分名義のソロ・アルバムはまだ4枚しかリリースしていないが、その技術、創造力、そして独自のサウンドを生み出す力により、彼の評判は高まりつつある。 現在でも定期的にレコーディングを行なっているカーンは、傑出した現役ジャズ・ギタリストのひとりだ。 レッスンに参加される方は必ずマスクをご着用下さい。

Next

Julian Lage[ジュリアンレイジ]現代のジャズギタリスト紹介

ジュリアン・ラージの使用ギターや機材について知りたい• 今年のベスト・ギター・アルバムという声が出てもおかしくないかも。 2013年にリリースした『411』というアルバムでは、エレクトロニクスを大胆に導入して、即興演奏というよりは電子音を加えた作編曲にこだわった楽曲を発表していた。 こういう曲をゾーンが書いてメロディーメーカー的な側面を聴かせてくれるというのはかなり新鮮でしたね。

Next

Julian Lage[ジュリアンレイジ]現代のジャズギタリスト紹介

彼の音楽は豊かなニュアンスとユーモア、生命力に満ちている。

ジュリアンラージの機材解説と実際の音作り【テレキャスター】

そうそう、ギターのはライブで聴くとやはりぶっといな、と。

Next