取得費となる費用一覧!マンション売却時の税金を少しでも減らすために

マンション購入から6ヶ月~1年半の時期に、購入者に納税通知書が届いたはずです。 1989年 平成元年 4月1日~1997年 平成9年 3月31日・・・3% 1997年 平成9年 4月1日~2014年 平成26年 3月31日・・・5% 2014年 平成26年 4月1日~2019年 令和元年 9月30日・・・8% 2019年 令和元年 10月1日~・・・10% 6-5-2. そこで、取得した時点の支払額「取得費」を、「売却時点の価値」に修正しないといけません。

Next

譲渡所得の計算における取得費とは?

取得費に含めることが可能な項目• 確定申告で提出する書類 確定申告には以下の書類が必要です。 詳しくは、をご覧ください。 315%(所得税15. 租税特別措置法に規定されているだけです。

相続財産を譲渡した場合の取得費の特例(取得費加算の特例)とは

3-6. 消費税から計算する• 3-1 .必要書類 確定申告書には次の書類を添付してください。 不動産売却にかかる税金 土地建物、マンションなど不動産を売却し、売却益がでた場合には、確定申告が必要です 売却益がでている状態というのは、売却代金から取得費や売買手数料などを差し引いてもプラスとなっている場合です 売却代金 ー(取得費+売却手数料など)=売却益(プラスの場合) 売却益は「課税譲渡所得」として 所得税や 住民税の対象となりますので、不動産を売却した年の 翌年2月16日から3月15日までの間に所得税の確定申告を行います 「取得費がわからない」ケースは多い 譲渡所得の金額を計算するには、「 取得費」を明らかにする必要があります 「 取得費」とは、土地であれば、買った時の購入代金や購入手数料の合計額です 建物の取得費は、購入代金や建築代金の合計額から減価償却相当額をひいた金額となります 「 取得費」は、購入した当時の「売買契約書」や「領収書」などから明らかになります しかし、先祖伝来の土地など、その不動産の取得に直接関与していない場合には、売却した不動産の 取得費が分からないというケースが多々あります このような場合には、「 概算取得費」といって、取得費の額を売った金額の5%相当額とすることができます 資料がない場合などの対処方法 「 概算取得費」は、実際の取得費が売った金額の5%相当額を下回る場合でも同様に計算することができます しかし、たとえば、土地建物を1,000万円で売却し、取得費が不明な場合に、売った金額の5%相当額を取得費とすると、取得費はわずか50万円です もし購入時の「売買契約書」や「領収書」といった資料がみつからない場合は、実際の取得費のヒントとなる資料を徹底して探してみましょう たとえば、• 災害などにより居住していた家屋が滅失した時は、災害のあった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに、その敷地だけ譲渡する場合• 不動産を売却した際の税金の特例には、「 節税できる特例」と「 税金還付を受けることができる特例」の2種類があります。 過去の裁判例でもその判断が分かれていてます。

Next

譲渡所得の内訳書に付けた方が良い書類とは?

紛失しているなら、各都道府県税事務所に問い合わせてみましょう。 住宅ローンに関するものでも取得費に 住宅ローンの金利や事務手数料、保証料なども取得費にできるものがあります。 ) 相場は10~15万円で、司法書士からの請求書が証拠資料となります。

Next

譲渡所得の取得費を計算する際の注意点とは?|東京都中央区日本橋の石橋税理士事務所|不動産 会社決算 確定申告

仲介手数料は、取得時に支払ったものは取得費に、譲渡時に支払ったものは譲渡費用に該当します。 登記手数料 登記をする際に、必要な書類(住民票など)を発行するために市町村窓口で支払った手数料は取得費に算入可能です。

Next

購入の契約書や領収書がなくても実額で取得費を計算する方法

例えば、土地・建物の購入金額が3000万円、土地の固定資産税評価額が1200万円、建物の固定資産税評価額が800万円とします。 軽減税率の特例の特例適用条文は「措置法31条3項」です。

Next

市街地価格指数で譲渡所得の取得費を計算する際の注意点

ただ、実際には、これら以外でも取得費に含めることが可能か、わからないものもあります。 031になります。 その場合、以下の計算式になります。

Next