【A】「妄想代理人」レビュー|あらすじ

「ゼブラ」はハンドルネーム。 では、もし別の本を題材にするなら、その法則性はなんなのか。

Next

妄想代理人の考察 方程式の解と、謎の老人

小さい頃の妙子は、父が好きだった。 妄想世界に入り込んでて「こいつダメなんじゃ……」と思うも月子の父親に話を聞き事件解決の糸口をつかむ。 いろいろと考察してあってとても参考になりました。

Next

【A】「妄想代理人」レビュー|あらすじ

仕草やしゃべり方はそのものである。

【A】「妄想代理人」レビュー|あらすじ

少年バットによる通り魔事件を追う(週間噂マガジン)の男性。 まさに地獄。 換言すれば「生めない関係」である。

Next

『妄想代理人』なんだっけ?バット少年?―違うよ、少年バットだよ。

編集 -• そしてそれを期に、「少年バット」と名付けられたその犯人は次々と悩みを抱える人々を襲っていく。 しかし私としては、適度に複雑にストーリーが組み立てられつつ、適度にフィーリングな部分もあるというバランスのとれた作品だと思う。

Next

「妄想代理人」というアニメについてです。

「生める」体(=大人)になったはずの月子からは、少年バットと(キャラクターの方の)マロミが生まれ、偽りの癒しを月子や他の人々に与えることになる。 ……しかし、これがそのまま読者に伝わるように提示されるとは思っていません。

Next