「お気をつけて」だけでは目上の人に使えない!正しい使い方を解説

しかし、常用漢字では「身体」はしんたいと読み、からだとは読みません。 京大-NICT 日英中基本文データ 1• またシンプルに「健康に気をつけて良いお年をお迎えください!」のような言葉もいいですね。 」 「寒くなりましたので体調などお気をつけください。

「お体に気をつけて」の使い方・敬語・例文|年賀状/手紙/仕事

「お体に気をつけて」を使う場面 年賀状やメール、手紙など 「お体に気をつけて(付けて)」を使う場面としては、年賀状で使用する際には、「お体に気をつけて、良い年をお過ごしください」というように、文末での締めの挨拶として使います。 メールを通じて、仲良くしている取引先の方との間にトラブルが起きたとしても• 「頑張ってください」と意味を同じくした言葉について見てみましょう。

目上の方に「頑張ってください」はNG? 敬語の正しい使い方

相手を気遣うことば 「ご自愛ください」の意味と使い方 よく「ご自愛ください」と使いますが 「ご自愛」ってそもそもどういう意味が知ってましたか? 「ご自愛ください」は 「ご自身の体を大切にしてください」という意味です。 年賀状は送る相手の1年の体調やお身体を気遣い、健康を祈る気持ちから、「お体にお気をつけて」と文末に一言入れるのが一般的です。 一週間くらい休んでしまったとき、それも不注意な病気とか、すっごい忙しい時期だった・・・なんて時にはいいと思いますが。

Next

「お体に気をつけて」の使い方・敬語・例文|年賀状/手紙/仕事

「お体」と「お身体」はどちらを使ってもOK 「お体」と「お身体」はどちらを使ってもOKです。 くしゃみをした人に使う「お大事に」……「Bless you! 」 「まだまだ寒い日が続きます。 しかし「いってらっしゃい」という言葉は丁寧語ではないため、目上の人には使えません。

Next

間違いも多い「お体に気をつけて」の意味と敬語表現・使い方と例文

『愛』という語が柔らかなイメージを与えやすい上、男女共に用いることが可能です。 4-3.「お大事になさってください」 「病気や怪我が早く治るように、あなたの体を大切してください」「病気や怪我が早く治るように、回復をお祈りしています」という2つの意味を持ち、体調を崩している相手の健康を気遣う敬語表現です。 〇〇様もお体に気をつけてお過ごしください。

Next

体調や健康を気遣う丁寧な言葉は気持ちが嬉しい!

「お気をつけてお越しください」は、目上の人やお客を招いた時に使用します。

Next