給与所得以外に副業がある場合 確定申告が必要な場合とその計算方法

確定申告とは、1年間の所得金額とそれに対する所得税額を計算して国に申告し、所得税を精算することを言います。

Next

給与以外の所得とは?どんなものが給与所得以外の所得にはあるか [税金] All About

でも、他に自ら、医療費控除や住宅ローン控除などのために確定申告する場合は副業の給料も確定申告が必要になります。 譲渡所得:土地・建物・ゴルフ会員権等の資産譲渡、地上権設定収益• 副業の形態は、主に下記の2つに分けられる。 これによって計算された給与年収が150万円ということになります。

Next

年末調整 給与所得者の基礎控除申告書の給与所得以外の所得の合計額に

このような必要経費を、可能な限り算入することで扶養の範囲内におさえることができます。

【地方公務員向け】年末調整と確定申告(給与以外の所得が20万円)

國學院大學大学院経済学研究科博士前期課程修了。

Next

雑所得20万円以下でも住民税の申告が必要 | 横浜の税理士|さくら会計事務所【月額1万円~の税理士】

また上場株式の配当所得を受け取る際には、所得税や住民税が差し引かれます。

Next

給与所得以外の所得が20万円以下の場合の確定申告不要に関する誤解

給与以外の所得がない人は「0」を記入します。

「雑所得なら20万円までは非課税」という勘違い

このことを踏まえれば、書き方は正しくなくても、税務上問題のない 書き方、として、基礎控除の額が変わらない限り、申告書にどんな 数字が書かれていても特に問題はありません。 例えば、年間収入が150万の場合は、上記表の上から2番目(551000円以上~1618999円以下)に該当するので、 1500000円-550000=950000円 となり、給与所得(見積額)は 950000円となります。

Next