巣ごもり需要でローソンの冷凍食品が好調 女性も楽しめるつまみ商品強化(日本食糧新聞)

食品ニューマーケティング研究会• 2 NEWSヘッドライン更新しました 2019. 一方、西側の主な穀物輸出国である米国、カナダ、オーストラリア、欧州各国は現時点で、食料の輸出規制に否定的だ。 地域食品産業貢献賞• アサヒグループ食品は、外出自粛や在宅勤務継続による運動不足やそれに伴う「コロナ太り」という課題解決のため、手軽においしく摂取できる既存商品を利用シーンに応じ提案。

巣ごもり需要でローソンの冷凍食品が好調 女性も楽しめるつまみ商品強化(日本食糧新聞)

家飲みと呼ばれる家庭用消費の拡大も、RTDには追い風の一つだ。 8 NEWSヘッドライン更新しました 2019. 10 セミナー開催のお知らせ 2019. 7 NEWSヘッドライン更新しました 2020. 新メニュー開発術志向トレンド&テクニカル100の法則• 食品トレンド• 東欧のセルビアは、ひまわり油やイーストなどの輸出を一時停止した。 17 NEWSヘッドライン更新しました 2019. 新型コロナウイルス感染拡大を受け、ベーカリー業界では、陳列商品の個包装化や透明シートで覆うなどの飛沫感染防止対策を進めている。

Next

日本食糧新聞社とは

12 NEWSヘッドライン更新しました 2020. ラーメン新聞(隔月刊・奇数月)【休刊】• 1%増と2桁成長を達成。

Next

日本食糧新聞社|国内セミナー(セミナー・研究会開催情報)

家庭内で飲用頻度が高い食中酒として人気があることから、2020年も引き続きRTDの主戦場となりそうだ。 食品加工における微生物・酵素の利用<新食品編>• レモンフレーバーはRTD市場の4割を占めるともいわれる。 (金哲洙、齋藤花) 露が先行 小麦や米 国際相場 上昇基調 米や小麦、食用油などの基礎的食品の輸出を差し止める動きが出始めたのは3月半ばから。

インストアベーカリー強化で食品スーパー売場を差別化 品揃え増やライブ感演出も(日本食糧新聞)

現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

Next

インストアベーカリー強化で食品スーパー売場を差別化 品揃え増やライブ感演出も(日本食糧新聞)

全世代の男性に人気な「焼餃子」(税込み149円)、ビールに合う「スパイシー手羽中」(同258円)、「砂肝葱まみれ」(同258円)、緑黄色野菜が摂取できる「青菜とガーリック炒め」(同248円)、中華の定番「鶏肉とカシューナッツ炒め」(同298円)、女性に人気の「チーズダッカルビ」(同298円)、「鶏のから揚げ」(同248円)、「砂肝ときのこのアヒージョ風」(同298円)、「トリュフ香る濃厚チーズ リゾット」(同298円)、「四川風麻婆豆腐」(同298円)などバラエティー豊富だ。 オーガニック食品ビジネス実践ハンドブック• 居酒屋で飲まれるレモンサワーを家庭でも作れるとうたう「こだわり酒場のレモンサワーの素」が瓶アイテムとして認知度を高める中、昨年に缶入りのプレミックスとして発売した。

Next

日本食糧新聞社|国内セミナー(セミナー・研究会開催情報)

2月までの時点ではメーカー各社とも明確な実績増はみえていないが、3月以降は現れてくる見込み。

Next

プロテイン市場が好調 「コロナ太り」対策で注目高まる(日本食糧新聞)

食品業界の撫子• 高コストパフォーマンス偏重が変化する兆しも 商品面ではアルコール度数7~9%のストロング系に加え、スタンダードと呼ばれる4~6%の中アルコール度数も若干ながら伸びを示している。

Next