【とりあえず登録してみます】新規事業者「エード・ライフ」に関するまとめ

今は、3ヶ月1回の分配が楽しみにしております。 マンション不動産投資 不動産投資の代表選手が です。 不動産小口投資・不動産小口化商品とは 不動産小口投資・不動産小口化商品とは 不動産小口投資・不動産小口化商品とは、ひとつの物件を、複数の投資家が共有持分権(所有権)で保有する形で運用される不動産投資の方法です。

Next

エード・ライフ、不動産特定共同事業の電子取引業務認可を取得 クラウドファンディングによる契約締結が可能に|株式会社エード・ライフのプレスリリース

詳しくはお申込み後にご案内する「契約成立前の説明事項」を ご覧下さい。

Next

南大阪からの使者!不動産投資型クラウドファンディング「エードMYバンク」登場!

一例としては、 1:長期安定的に賃料が得られる事業用不動産を対象物件に選定 2:優先劣後システムの採用 お客様の出資金(元本)の安全性を優先的に守る仕組みで、お客様から募る出資を優先出資といい、賃料の受取、出資金の返還において、劣後出資者である当社より優先されるシステムです。

これからの不動産投資のかたち想定年利5% エード・ファンドMyシェア

*1号、2号は令和元年12月に完売 商品名である『エード・ファンドMyシェア』は不動産特定共同事業の許可に基づき、対象不動産から得る収益を出資額に応じて定期に分配するので、安定した収益が得られる資産形成の一つでございます。 Lem 不動産特定共同事業許可 大阪府知事第11号 この許可は国土交通大臣所管の事業であり、許可を取得するには事業開始前、直近3年の決算内容が連続して利益が有ること、その決算報告が監査法人又は公認会計士から確認いただいている事、資本金が1億円以上であることなど、経営基盤が一定の基準を満たしていることなど、許可の取得には厳しい諸条件があります 目的と方針 昨今は人生100年時代といわれ、老後の2000万円問題などが報道されておりますが、エード・ファンドMyシェアはお客様の資産運用のサポートができる一つのツールであると自負しており、また当社も各対象不動産に自ら出資、参画し、各対象不動産から得る賃料収入を事業の安定収益をして構築して参り、お客様と共に成長を目指していく方針でございます。 株式会社エード・ライフ 本社:大阪府堺市西区、代表取締役:坂口 弥之、以下 当社 は、当社第1号商品として運用する、不動産特定共同事業許可 大阪府知事第11号 による不動産投資商品『エード・ファンドMyシェア』1号において出資総額2億円 1口100万円、募集口数160口、優先出資募集総額1億6千万円 に達したことをお知らせいたします。

Next

株式会社エード・ライフ

自分の老後は自分で作るため勇気をもって運用したいと思います。 この無料動画を見ていただくと、以下のようなことがわかります。

Next

株式会社エード・ライフ

では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。 とりあえず、私は会員登録してみます 以上のように懸念点はありますし、そのリスク(不確実性)をどう捉えるかは投資家それぞれでしょう。 但し、当社の不動産運用は、お客様が「エード・ファンドMyシェア」の対象不動産に出資していただく形態になりますので、賃料収入を得る権利、出資金を返還する権利等はございますが直接不動産を所有するものではなく、一つの規模の大きい対象不動産をお客様方でシェアリングしていただく資産運用となりますので、当社は全てのお客様が同じ条件で、適正に運営を行う必要があります。

Next

エード・ライフ、不特法の第3弾商品 :: 全国賃貸住宅新聞

そして事業を行う要である約款(契約内容)の認可が必要となりますが、国土交通省の定めるモデル約款に順ずるものでなければなりません。

Next