小泉環境相、脱炭素化に向け新たな決意 COP25閣僚級会合

もちろん新興国や産油国も批判の対象ではありますが、中国のように批判されても動じない国は批判されづらいようです。 政府は温暖化CO2原因説を支持し、CO2の排出削減が国策になっていて、年間1兆円の税金を地球温暖化対策費として投じています。

Next

小泉環境大臣はなぜCOP25で二酸化炭素が地球温暖化の原因でないことを説明...

このような事実や背景について、様々な観点から再検討してみたい。

Next

小泉環境相、日本の排出量取引の活用訴え COP25 :日本経済新聞

以上です。

去年の「COP25」での演説の背景 小泉大臣が語る

気温上昇がこのまま続くと、サンゴ礁や北極の海氷が消滅し、永久凍土が溶け出してメタンなどCO2よりはるかに影響が深刻な温室効果ガスが大量に大気中に放出される事態も予想されている。

最新の社会ニュース【随時更新】

一方、欧州では英国やフランス、ドイツなどの主要国が将来の石炭火力発電を全廃する方針を打ち出し「脱石炭」が国際的な流れになりつつある。 長期計画よりもさらに先の、日本のエネルギーをどうするのかということが大切です。 古い効率の悪い発電所よりは、新しく効率の良い発電所にした方が出るCO 2は減りますので、ドイツが新しい石炭火力を稼働させることを批判するわけではありません。

Next

最新の社会ニュース【随時更新】

A君:要するに、 技術や対応策は進化したのに、原子力を導入した側の意識に問題があった。 日本政府としてもバカを大臣にしても程度問題です 二酸化炭素は地球温暖化の原因であり、そう言う観測事実も物理学的根拠も解明されていて否定する学者モドキはいても学者はいません。 C先生: CO 2 を出さないで発電ができる装置というと、太陽光発電、風力発電、水力発電、原子力発電が主なもの。

Next