アフターコロナの世界の仕事や経済はどう変わる?秩序や中国情勢は?⑥

消費者も将来への不安から、消費活動が鈍化していくのではないだろうか? すでに、 鉄鋼大手も大幅な受注減産を見込んで数か所の廃炉を決定し、 自動車メーカーも今期の決算見込みを大幅に減収減益となる見込みを示している。 例えば、こういった職業・仕事が増えると思われます。

Next

アフターコロナ、世の中はどう変わる?世界のビジネスパーソンが考えていること

「リモートなんて一時的でしょ?」という意見もあると思いますが、それは違うでしょう。

アフターコロナ世界はどう変わるのか、9つの視点|Noritaka Kobayashi, Ph.D/小林慎和|note

。 良い見た目とは。

Next

アフターコロナ世界はどう変わるのか、9つの視点|Noritaka Kobayashi, Ph.D/小林慎和|note

いま多くのビジネスマンは、スケジュールカレンダーを共有し予定を調整していると思います。 学校が休校となり、学習塾にも休業要請が出されるなど、「子どもが教室に通って学ぶ」という従来のシステムがストップしてしまっているからです。 また、中国の農村地域の農家も、作物の販売にタオバオライブを活用するようになりました。

Next

アフターコロナ世界はどう変わるのか、9つの視点|Noritaka Kobayashi, Ph.D/小林慎和|note

0のツールが生まれたとき、人はほとんどのことをデバイスを活用したWeb会議・通話でこなすことができるようになります。 同社ではEV駆動用モーターの受注が増えているという。 4月11日現在、政府や都道府県の補償の話は(東京都以外)聞こえてきませんが、もう補償がないと経営者はどうする事もできませんよね。

Next

村田も日本電産も成長を確信、電子部品業界の「アフターコロナ」シナリオ|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

2020年6月13日閲覧。

Next

村田も日本電産も成長を確信、電子部品業界の「アフターコロナ」シナリオ|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

京セラも5G関連製品などの需要対応で生産能力は増強する。 は、「時論 ~ Before Corona、 After Corona」と題したレポートを調査月報の2020年4月号に掲載し、「ヒト、モノ、カネにおいて、平時には余剰と思われるようなリソースを保有しておくことが、 After Corona において重要となる」と論評している。 0時代のツールが産まれた時、リアルで会うロジカルな理由はなくなります。

Next