敢えてシルバー民主主義を擁護する — 山城 良雄

しかし、冷静に考えてみると、仮に有権者の世代別構成比がどうなろうとも、常に「市民」としての自覚を持つ人々が大多数を占める社会であれば、各人が自身の利害ばかりを優先することは少なく、民主主義的意思決定によって制度やコミュニティが存続の危機に瀕することはないはずです。 柴田准教授によると、公共事業の乗数効果が1. IMFの経済見通しによると、2016年の世界全体の見通しは3. 例えば、3年間隔で定期的に実施される参議院選挙での年代別投票率は、長年安定した傾向を示していますが、直近の実績値では、60歳代の投票率は68%で、20歳代の33%の倍以上になっています。

「シルバー民主主義」は悪者なのか 若者だっていつかは年を取る:朝日新聞GLOBE+

その時々の相対的多数勢力がこれまでも行ってきたことですし、極めて合理的です。 さて、生活保護率と反対票の関係やが、図1の高齢化率の場合と比較して、はっきりと相関が大きいようには見えん。 第二の矢である公共事業も財源問題でこれ以上の上積みは難しくなっている。

Next

「遠い未来」から見たシルバー民主主義

人手不足を背景に、業務の効率化やデジタルトランスフォーメーションを推進するスタートアップが増えているからだ。 衆参ダブル選挙の可能性がささやかれ、東京都知事の政治資金問題が連日報じられていたある日、友だちに「衆参両院選と都知事選が重なったら、すごい選挙戦になるよね」と言うと、「ナニそれ~」と笑って返されたそうです。 ここでは、2つの径路を考えてみましょう。

Next

敢えてシルバー民主主義を擁護する — 山城 良雄

僅差やったんやから数千人規模で影響のあったようなことは、全てが勝因敗因になり得る。 しかも、昨今の不祥事続きの事態を鑑みると、日本国の百年の計を第一に活動する政治家が皆無という現実があります。 消費増税を先延ばしする以上、我々政治家は有権者にとって耳の痛い話から逃げるべきではない。

Next

「シルバー民主主義」時代、政治家に求められる社会問題のコーディネート力|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

これ一見一人1票持つという原則に反するんですけれども、自分が投票権を持ってから余命まで、投票の総数を考えると平均寿命まで生きる方は皆さん同じ投票数を持つということで、生涯を通じれば投票の総数について格差はないだろうと、そういう仕組みなんですね。

Next

「シルバー民主主義」の注意点:日経ビジネス電子版

こうなると、さらに高齢化率と都構想反対率の相関関係が良くなり、もっときれいな直線上に各区の点が並ぶようになるやろう。 経済発展による社会の変化が進むと、知的労働の需要が増して子供の労働需要が減退すること、環境の充実により老後の生活を社会が支えるようになることなどから、希望子ども数が減少する。 どうすればシルバー民主主義を打ち破れるだろうか。

Next

「シルバー民主主義」若者の声 政治に届けるには?|「NEWS23」スタッフノート|note

2014年、福島氏はGCPに転職。

Next