附属図書館

(連携協力に関する協定) - 2014年12月15日締結。 khirin版 鳴門教育大学附属図書館所蔵・後藤家文書画像データベースは国立歴史民俗博物館と鳴門教育大学の協定のもと、「総合資料学の創成」事業の一環として作成・公開されたもの。 かつて日本近世史研究の先駆者の一人,戸谷敏之氏が,近世日本の農業経営を類型化するにあたり,「摂津型」経営に対して「阿波型」経営なる範疇を設定したが,その際の論証として,この後藤家文書の経営史料が駆使されたことは,つとに有名である。

Next

鳴門教育大学所蔵 後藤家文書

初等教育教員養成課程設置(学生の受け入れは1986年から)。 ついては、学生や教員のみなさまの在宅での学習支援及び研究支援のため、学外から利用できる図書館サービスや参考となるウェブサイトについて随時ご紹介します。 ( 2020年11月2日 教務部入試課広報係)• 実技分野には「絵画」、「彫刻」、「デザイン」、「工芸」の4分野、理論系分野には「美術史・芸術学」と「美術科教育学」があり、全部で6分野の学問領域から構成されている。

Next

鳴門教育大学所蔵 後藤家文書

理科教育コース• 生活・健康系コース(保健体育)• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ( 2020年10月7日 総務部総務課総務係)• 「鳴門教育大学附属図書館と国立歴史民俗博物館メタ資料学研究センターとの研究成果の公開及び保全に関する覚書」の締結によるもので、URLも変更されました。 利用者の教育・研究環境を充実させるため,平日は21時まで開館しており,土曜日,日曜日,祝日 学生休業期間中を除く も開館し,一般市民にも広く開放している。

Next

鳴門教育大学|大学ポートレート

附属図書館職員一同,市民の皆様のご利用を心よりお待ちしています。 事務局内に「徳島大学鳴門教育大学創設準備室」が設置される。 工作科教育コース• 現在1万7000点余の古文書が,鳴門教育大学附属図書館に収蔵されている。

Next

鳴門教育大学附属図書館

現代の教育ニーズをふまえた教員養成(大学と小学校のパートナーシップに基づく教育の専門職育成に向けて)• 人間教育専攻• 高速バス「」からタクシーで約10分。 大学キャンパスの北西に隣接し、単身用(男子)2棟,単身用(女子)3棟,世帯用2棟が設けられている。

鳴門教育大学附属図書館、「後藤家文書画像データベース」の国立歴史民俗博物館総合資料学情報基盤システムkhirin上での公開を発表

( 2020年10月7日 教務部入試課大学院入試係)• 来館時の連絡先記入• 「数学教育分野」と「数学分野」がある。

Next

鳴門教育大学

( 2020年8月11日 教務部入試課広報係)• ( 2021年1月19日 教務部入試課学部入試係)• 鳴門教育大学公式サイト大学概要に基づく。

Next