HACCP導入義務化!飲食店に求められているハサップへの取り組みとは?

そもそもHACCP(ハサップ)とは? HACCP(ハサップ)とは、簡単にいうと食品の安全を脅かす (食中毒菌など)が混入するリスクを、作業工程を整理し分析することで見つけ出し、そのリスクを工程管理によって取り除き、衛生水準を改善し維持していくための管理手法です。 Hazard Analysisとは、 のことで、食品の安全を脅かす要因を分析すること、 とは のことで、危害要因を取り除くために管理する必要がある工程のことを意味します。

ハサップ導入の義務化期限と罰則について

1998年(平成10年)5月(同年7月1日施行)に5年間の時限法として制定され、2003年(平成15年)6月にさらに5年間延長する改正法が公布された(同年7月1日施行)。

Next

千葉市:小規模事業者向けにHACCPの計画書・記録表の様式を掲載しました。

詳しくは上記をご覧ください。

Next

HACCP(ハサップ)義務化に対応するために病院でやるべき事とは

HACCP(ハサップ)を導入するメリットとは? ハサップを導入するメリットはどのようなものがあるのでしょうか? わからないといくら義務化されたと言っても行動しづらいものですよね。 各自治体や業界団体による認証制度はありますが、基準にはばらつきが見られます。

Next

HACCP(ハサップ)導入には、高額な費用が必要?

モデル施設を参考にHACCPを導入し、令和3年6月からのHACCP義務化に備えてください。

Next

HACCP(ハサップ)義務化って?食品関連事業者は要チェック!

つまり、 食品関連事業者は遅くとも2021年の6月までにHACCPによる 制度の導入を行わなければなりません。

Next

【簡単解説】5分でわかるHACCP(ハサップ)ってなに?

1.ハザードを考える。

Next