抗がん剤の副作用の現れる時期を解説します

術前および術後の場合は2-3コース、転移を有する場合は通常6コース行います。 ゲムシタビン+シスプラチン療法で使用する薬剤 ゲムシタビン+シスプラチン療法で使用する薬剤は、のとおりです。 なお、尿路結石に腎盂・尿管がんが合併していることもあり、結石と診断がついた後でも定期検診は重要です。

Next

ゲムシタビン+シスプラチン療法 (看護・ケアのポイント)/胆道がん

抗がん剤よりもBCGの方が効果が高いとされている一方で、副作用はBCGの方が強く出る傾向があります。 細胞増殖に必要なDNAの複製を阻害する作用や、フリーラジカルといってDNAに対して損傷をあたえる物質によるDNA鎖を切断する作用などにより抗腫瘍効果をあらわします。 2000;17:3068-77 GC療法について GC療法はゲムシタビン 略号:GEM とシスプラチン 略号:CDDP の2種類による 抗癌剤治療です。

Next

抗がん剤の副作用の現れる時期を解説します

対象疾患• また発熱は特に初回の治療後に出現しやすいとされ、感染症にかかっている可能性なども考慮し、発熱があらわれた場合は自己判断せずに医師などの指示に従い適切に対処することも大切です。

ジェムザール(一般名ゲムシタビン)/ブリプラチン・ランダ(一般名:シスプラチン)胆道がんのGC療法

その他(頻度不明) 肝機能障害、末梢神経障害(手足のしびれ)、皮膚障害などの報告があります。 Gcプロテインはがん細胞あるいはエイズウイルスに感染したリンパ球が分泌する酵素Nagalaseにより一部切断され、マクロファージ活性化因子に転換されない。

Next

抗がん剤の副作用の現れる時期を解説します

ゲムシタビン+シスプラチン療法時の看護記録に記載すべきこと 投与前の発熱、咳、呼吸困難の有無、食事・排便・睡眠の状況、手足のしびれや聴覚障害の有無についても記載しておきましょう。 そうした場合に、「化学療法なんかやらないで早く手術をしておけばよかった」と後悔することもあるため、適応を慎重に考える必要があります。 悪心・おう吐・過敏症(アレルギー反応)は早くあらわれる。

Next

胆道がんの化学療法|膵臓がん|がん研有明病院

同時に腎盂や尿管の尿を選択的に採取し、細胞診検査に提出することができます。 その他、GC療法が効かなくなった場合の二次治療として積極的に用いられています。

Next

[医師監修・作成]膀胱がんの薬物治療(BCG注入療法や抗がん剤治療など)や放射線治療について

文字通りの命賭けなのですが、それでも外れることもあるのですからたまったもんじゃありません。

筋層浸潤性膀胱癌に術前dose

膀胱がんに対して使用する抗がん剤のそれぞれの特徴について ここまでは、レジメンごとの内容を深く掘り下げて説明してきました。 対象者は84人と多くありませんが、全生存期間はG単独群が7. 膀胱がん治療(M-VAC療法など)で使われるビンブラスチンは微小管阻害薬のビンカアルカロイド系という種類ですが、パクリタキセルはイチイ科の植物(学名: Taxus baccata)の成分から開発された経緯により微小管阻害薬の中でも、学名を由来としたタキサン系という種類に分類されます。 リンパ節に転移があった 膀胱全摘除術だけの場合と、術後補助化学療法を併用した場合の5年生存率を比較した研究結果が次の表です。

Next